床下の湿気と腐れ ー 白蟻駆除と床下環境調査.工事店 エコたかはし

ホーム お問合せ (当店の御案内と御紹介)   料金表 (床下工事価格表)   工事概要のご案内 (内容・料金・保証・保険・薬剤等)
リンク
(消費者情報と床下環境)  サイトマップ (キーワードインデックス)   床下環境とお知らせ

白蟻の基本と注意点
  ・シロアリと被害の基本
  ・シロアリ防除と予防
  ・シロアリ駆除と被害と羽アリ
床下湿気の基本と注意点
  ・床下湿気と防湿        ・床下湿気と腐れ
  ・床下湿気とカビ
         床下湿気と換気(換気扇他)  
  ・床下湿気と調湿材(剤)  ・
床下湿気と調湿炭
家屋補強と床下補修の基本と注意点  
  ・家屋補強と耐震補強と床下補修
白蟻工事のご案内
  ・シロアリ防除(予防)工事
  ・シロアリ駆除(被害)工事
 
床下湿気工事のご案内
  ・床下防湿シート敷工事     床下防腐工事
  ・床下換気(換気扇他)工事 床下調湿炭工事
  ・床下調湿材(剤)工事    
床下補修工事と家屋補強工事のご案内
  ・床下補修工事と家屋補強工事(床下補強等)
 

                           


                     床下の湿気と床下の腐れ(床下防腐)



     ● 床下腐朽(腐れ)の原因

         床下の腐れは通常、床下湿気と床下の換気が不十分で空気が滞留している場合等に
       木材腐朽菌と結びついて起こります。
       木材腐朽菌は、床下構造材の耐力を低下させていきます。

     ● 床下腐朽(腐れ)と床下防腐(予防)

       根本的には、床下の湿気をできるだけ抑えることが有利です。
       多少床下換気が悪くても、土壌面からの水蒸気拡散を抑える事で
       まず問題ない場合が多い様です。 (ベタ基礎・ベタコンクリートで、防湿シート・フイルム等を
       施工している場合や土壌面でも きちんと防湿被膜されていれば)
      
       [床下防湿シート工事]をご参照下さい。          

     ● シロアリ薬剤の防腐効果

         シロアリ防除( 白蟻消毒 )の木部処理用薬剤(新築時のオレンジ色等 )にも
       防腐剤等が混入されておりますが簡易的なもので確実で長期的な床下防腐対策にはなりません。

     ● 防腐用薬剤処理

       防腐用薬剤( 床下防腐 )は、基本的に腐朽被害になる前に
       (含水率が低く乾燥した部材等に)浸透させる予防用薬剤です。

       湿気の多い床下内部では、木材含水率が高い場合が多く
       そのまま塗布・散布をしても 浸透せず あまり効果が無い場合が多いのが現状です。
       薬剤メーカーによる正規な処理方法にする為には、床下木材の十分な乾燥が必要です。
              
       薬剤は、大別して天然成分系と化学成分系に分けられますが、
       白蟻防除剤と同様長期持続性に関しては、化学成分系の方が優れています。



                    床下の湿気と床下の腐れ(床下防腐)の注意点



     ● 床下湿気と防腐薬剤

       床下内の木材では、湿気を含んでいる(木材含水率が高い)場合が多く
       薬剤メーカー指定の使用方法では、困難な場合が多いのが現状です。
       (湿気のある木材では塗布・散布処理が不可能。)      

     ● 床下防腐と建物メンテナンス

       床下の腐れは土壌からの湿気だけでなく、時期的な結露や、水漏れ雨漏り等で
       床下の腐れやシロアリ( 白蟻 )被害にあう場合があります。
       又、浴室タイル目地の亀裂による水漏れからの、床下の腐れやシロアリ(白蟻)被害も
       多いので日頃からの手入れが大切です。

     ● 床下腐朽(腐れ)と断熱材

       床下の断熱材( グラスウール等 )が床下の湿気を吸収し、高含水率になって貯湿・蒸れてしまい
       逆に床下の湿気( 床下の腐れやカビ )する場合がありますので注意が必要です。
       ( ポリスチレンフォーム等は大丈夫です )