家屋補強(耐震補強)と床下補修(床下補強)の基本と注意点 ー しろあり消毒と床下環境調査.工事店 エコたかはし

ホーム お問合せ (当店の御案内と御紹介)   料金表 (床下工事価格表)   工事概要のご案内 (内容・料金・保証・保険・薬剤等)
リンク
(消費者情報と床下環境)  サイトマップ (キーワードインデックス)   床下環境とお知らせ

白蟻の基本と注意点
  ・シロアリと被害の基本
  ・シロアリ防除と予防
  ・シロアリ駆除と被害と羽アリ
床下湿気の基本と注意点
  ・床下湿気と防湿        ・床下湿気と腐れ
  ・床下湿気とカビ
         床下湿気と換気(換気扇他)  
  ・床下湿気と調湿材(剤)  ・
床下湿気と調湿炭
家屋補強と床下補修の基本と注意点  
  ・家屋補強と耐震補強と床下補修  
白蟻工事のご案内
  ・シロアリ防除(予防)工事
  ・シロアリ駆除(被害)工事
 
床下湿気工事のご案内
  ・床下防湿シート敷工事    床下防腐工事
  ・床下換気(換気扇他)工事 床下調湿炭工事
  ・床下調湿材(剤)工事    
床下補修工事と家屋補強工事のご案内
  ・床下補修工事と家屋補強工事(床下補強等)
 

 


                       家屋補強と耐震補強と床下補修



    家屋補強工事と耐震補強工事の違い   

       耐震補強工事では、正規な耐震診断を行い、それに基づいて
       地盤、基礎、壁のバランスや量、屋根加重、白蟻腐朽、設計や施工の欠陥等
       その建物が今持っている耐震性の弱点(脆弱性)を見つけ出し、総合的に補っていきます。

       家屋補強工事では、建物の耐震性を主体としたものでは無く、
       主に構造材等への局所的金物取付けを主体としたもので(正規な耐震診断が無い場合が多い)
       建物全体からみれば、単に家屋の部分増強であるといえます。

       家屋補強工事において、建物に根本的な耐震性弱点がある場合等は
       本質的な解決にならない場合や、逆に他脆弱部への悪影響の可能性もあり注意検討が必要です。

       工事名称等が 家屋補強工事 又 耐震補強工事のどちらが使われているかを確認し
       その工事内容の真意を見極める事も大切です。     

     ●  耐震診断の重要性

       耐震補強工事では、基本的に専門家の耐震診断が必要です。       
       現在、耐震診断士としての国家資格はありませんので
        一級建築士、各建築士事務所協会や地方自治体等に(民間会社内の認定制度ではなく)
       ご相談、ご依頼される事が大切です。

       又、きちんとした確実な診断は、当日や短期ではできない場合がほとんどですので
       公的資格の無いその場しのぎの診断には注意が必要です。       

    床下補修と状況把握

       床鳴りやきしみ等の発生は、床下湿気の他
       過度の乾燥(ベタコン、ベタ基礎、調湿材等)による場合も有ります。   

     


                   家屋補強と耐震補強と床下補修の注意点



    耐震効果と工事費

       専門家による耐震診断の無い場合(総合的な建物の弱点が判らない場合)は
       家屋補強工事となり、 耐震性 耐震効果に疑問が残る場合があります。       
      
       家屋補強工事では、弱点部(脆弱部)以外への過剰な補強
       (適材適所でない過剰本数の取り付け・不要箇所への取付け等)で
       工事費等が増大する場合があります。       

    工事料金の注意点

        耐震、家屋補強工事の料金設定についても、過剰な補強料金や
       一式料金、坪当り単価、1階/中2階/小屋裏セット料金等多種多様あります。